⑤圧力の高い現場 / ガス配管

 

平成14年6月19日

某石油会社漏ガス補修

(鋼管・Φ13(4分)・直管部・流体ガス・圧力2.2MPa・止めて施工)

18-1
傷口を確認する。
18-2
傷口及びその周辺を可能な限りケレンする。
 
18-3
傷口及び、その周辺にオリスチールを良く押し付け、その上に、オリスチールを傷口に十分密着させる目的で、オリステープを引張りながら巻く。
18-4
約5分後(オリスチールが少し硬化する)巻いたオリステープを外し、その上からまた混練したオリスチールを、マホータイが巻き易くなるような形状に良く押し付けながら仕上げる。
 
18-5
次に保護・補強の目的で上にマホータイを巻く。(安全を見てマホータイを2個使用する。)
 
18-6
最後にマホータイを、巻いた方向と同じ方向に良く絞り施工完了。

使用部材

MTRL40-5(マホータイオリステープ Lセット)
MT-205S (マホータイ)
OS-901  (オリスチール)


 (C) Orihara Manufacturing Co., LTD.  All Rights Reserved.