②防食・補強及び漏水の現場 / Φ100の補修

 
平成11年8月18日

東京都内某ビル地下1階


天井裏、排水用Φ100の鋳鉄管6mの上部傷口補修及び、管全体の保護・補強が目的。

保温材を外すと、腐食が激しい大きな穴(200mm幅×20mm)を2ヶ所も確認出来る。錆を落とそうとすると管自体が無くなる恐れ有り。管全体の凸凹が激しく、傷口が大きすぎる為、錆は落とさず施工に入る。
 

手のひら位のおきな傷口付近の凸凹をオリスチール・オリシールで埋め、平らにする。

大きな傷口用の「ステンメッシュセット」は今回用意していない為、急遽ステンレスの板に特注ブチルロールをはりつけた物を作成する。
 

傷口周辺をオリスチール・オリシールで平らにし、傷口部にはステンレスの板に特注ブチルロールをはりつけた物をあてがう。その上から特注ブチルロールを巻きつけていく。
 

特注ブチルロールを巻きつけ終了。この上からマホータイを巻く。

マホータイを巻き、よくしぼって施工終了。
 



使用部材

マホータイ  
オリシール  
オリスチール
特注ブチロール


 (C) Orihara Manufacturing Co., LTD.  All Rights Reserved.