折原製作所のホームページ
ホームトピックス製品情報インデックス会社案内リクルートお問合せサイトマップ

製品情報 >  Michi-製品化への道- >  Michi-製品化への道-バックナンバー

製品化への道

このページでは、製品化へのヒントや、製品になるまでの裏話など、オリハラ製品にまつわるお話を掲載しています。
第11章は
”発見2汲み取りトイレが水洗トイレになる!?」です。


”コップ2杯のさわやかさ”がキャッチコピー!

簡易水洗トイレのカタログを見つけました!(左の写真)

昭和40年代始め、折原製作所では、簡易水洗トイレの研究を始めていました。当時、簡易水洗として技術導入したのは、米国のキャンピングカー用の超節水型トイレだったので、トイレは”洋式”でした。日本では、和式の汲み取り式トイレが主流で、これから水洗式トイレになろうとしていた頃です。

「トイレはやっぱり和式でないと」、「腰掛け式はどうも・・・・」、という声が多く聞かれる時代だったので、「それじゃあ、和式の簡易水洗トイレを作ろう!」ということになり、汲み取り式のまま水洗化した和式簡易水洗トイレ「アクアマジック」が誕生したわけです。

当時、水洗トイレには浄化槽が必要な地域もありました。「アクアマジック」は汲み取り式のままで浄化槽がいらず、悪臭もシャットアウト、和式トイレでは不可能といわれていた便器の洗浄が”コップ2杯”で可能になった画期的なものでした。

カタログを見たい方はここをクリックしてください。画像110KBなので表示するまで少々時間がかかります。ご了承ください。


◆余談

現在では洋式の水洗トイレがほとんどですが、郊外へ行くと、時々汲み取り式トイレを見かけます。数年前ですが、千葉県某市のお宅でトイレを借りたとき、汲み取り式のまま水洗化した和式水洗トイレでした。たぶん「アクアマジック!?」。(HP担当者談)

おわり

次章もお楽しみに。

ページの先頭へ

<< 第10章 戻る 第12章 >>

(C) Orihara Manufacturing Co., LTD.  All Rights Reserved.
株式会社 折原製作所  〒116-0013 東京都荒川区西日暮里1-3-3 電話 03-3805-0101