折原製作所のホームページ
ホームトピックス製品情報インデックス会社案内リクルートお問合せサイトマップ

製品情報 >  Michi-製品化への道- >  Michi-製品化への道-バックナンバー

製品化への道

このページでは、製品化へのヒントや、製品になるまでの裏話など、オリハラ製品にまつわるお話を掲載しています。
第8章は
エチケットーンに驚天動地がやってくる!」です。


異常渇水はあて外れ.....

 記事が忘れられるにつれて、ぱったり注文はとだえた。翌年の夏、秘かに期待した異常渇水は訪れず、エチケットーンは倉庫に山積みされたままになった。
 しょげ返りながら折原は、本来の目的に戻らざるをえないことを悟り、主力商品の軽水洗が売れるたびに、音のでるおまけとしてエチケットーンをつけることにした。
 昭和50年。56年と、エチケットーンは年間わずか500個くらいずつおまけとしてはけただけだった。

企業の”節約運動”が大量注文につながった!

 昭和57年に入って、驚天動地の出来事がやってきた。衣料メーカーからいっぺんに300個の大量注文が舞い込んだのである。
 同社は江東区・越中島に工場群を持っており、ほとんどが女子従業員で、女性用トイレだけで300近くある。そこの節水の目的で1個ずつ取り付けたい、というのだ。

 きっかけは、QC運動の提案制度にあった。職場の能率を上げ、働きやすくし、無駄を省く為の提案を工場内に呼びかけたところ、「トイレの水の無駄をなくす為に、消音器を取りつけたらどうでしょう。」
 と、いう声が女子従業員の間から出てきた。

 その従業員は、友達の結婚式に招かれたとき、式場のトイレに付けられたエチケットーンを見た。これはいい工夫だ、と気づいて提案したのである。
 会社側はサンプルを取り寄せてテストし、たしかに効果があることを知って、大量注文してきた。

 初めは細々としか売れなかったものが、時間がたつうちにしだいに多くの人の目にふれ、こちらから宣伝したわけでもないのに、よさが認められたのだ。
 そして、大企業が大量にまとめて女性用トイレにつけたとなると、それはもう一つの社会現象になる。
 昭和58年には、テレビがこの社会現象に気づいてわっと取材に来た。これが大きかった。エチケットーンはたちまち、ブラウン管を通じて1000万単位の人々の目にふれることになっていった。

 それからはもう、電話のベルが鳴り止まない。名だたる大企業、そうそうたるお役所から注文が殺到して、狭い事務所はてんてこ舞いの大騒ぎ。しかも注文は大口で、その年のうちに5000個、翌年7000個、昭和60年には8000個がはけて行った。

そうした中で、エチケットーンにとって最大の事件が起った。さて、その事件とは。

 つづく

次章は『エチケットーン最大の事件!』です。

ページの先頭へ

<< 第7章 戻る 第9章 >>

(C) Orihara Manufacturing Co., LTD.  All Rights Reserved.
株式会社 折原製作所  〒116-0013 東京都荒川区西日暮里1-3-3 電話 03-3805-0101